【最終】 ☆世界!自然ランキング

  1. 2008/09/09(火) 16:46:04 
  2. カテゴリー:☆世界!自然ランキング 
  3. コメント数:5
  4.  【コメントの閲覧・作成
これまで僕が見てきた自然風景・現象等について、
個人的にランキングを付けてみました。
(世界一周の旅を終えての最終ランキングです)

建築物や眺望・夜景ランキングも付けましたが、
結局のところ、自然(または動物)が一番感動するものだという
結論に至りました。

これらの場所に、次、いつ行けるのか分かりませんが、
おそらく、何度見ても同じ感動を得られると思います。

ただ、トップ10のうち、ベネズエラのロライマ山だけは、
体力が衰えたら登れない・・・。
ヘリコプターで上がるのは高いし・・・(笑)

___________________________

【重要】
 ランキング項目の下にあるURLをクリックすると、
 その項目に該当する日記に飛びます!!
 これ、かなり大変な作業だったので・・・(笑)
 是非、日記を見て、写真をお楽しみあれ!!

 なお、今回の世界一周の旅では訪れていない場所、
 また、写真データが残っていない場所は
 リンクを貼っていないのでご了承あれ。


______<ランキング(上から上位順)> ______


【1】 オーロラ

   1) カナダ(イエローナイフ) 

   …マイナス40度近い極寒の中、
    今か今かと待ち続けた後に見れたオーロラ。
    それはまさに光のカーテン。地球上の自然現象とは思えない美しさ。
    イエローナイフには3日間滞在して、
    3日ともオーロラが見れるという幸運に恵まれた。
    絶対、もう一度オーロラを見るぞ!


   2) フィンランド(イナリ)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-189.html

   …今回の世界一周旅で、オーロラ鑑賞に再チャレンジ。
     しかし、5晩トライして、オーロラが見られたのは、1晩のみ…。
     それでも、オーロラに再会出来たことは、感動的だった。
     やはり、自然現象の中で、オーロラは最高だ。


【2】 ロライマ山
    ベネズエラ(ギアナ高地)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-359.html
  
   …オーロラは自然現象なので、厳密には比較出来ないが、
    自然風景としては、間違いなく、世界一感動した。
    もちろん、ベネズエラのサンタエレナを基点とした、
    5泊6日のトレッキングツアーでないと行けない
    秘境ということで、その特別感もあるが…。
    ギアナ高地というのは、知っている人は知っているが、
    意外と、知らない人は知らない場所。
    ギアナ高地に関する話は、
    5月22日〜27日の日記に書いているので、是非ご覧あれ!
    僕は小さい頃から、雑誌「Newton」で、
    ギアナ高地が特集される度に感動を覚え、
    夢にまで見た場所だった。
    まさか生きているうちに、本当に行けるとは・・・。


【3】 ペリト・モレノ氷河
    アルゼンチン(エルカラファテ)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-324.html

  …氷河が湖に流れ込んでおり、30分起きに崩落が起こる。
    全景が見渡せる展望台からの景色は壮観。クルーズからも迫力あり。
    それに加えて、氷河の上を歩くと、深い青をした水溜まりが…。
    極めつけは、氷河の底に空いた洞窟。真っ青な氷のトンネル。
    夢にまで見た風景の全てが、この氷河にはあった。


【4】 サハラ砂漠(シェビ砂丘)
    モロッコ(メルズーガ)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-147.html

  …延々と続く砂丘は、砂の山のように見える。
   まさに、砂漠のイメージ通り。
   砂丘の美しいライン、そして砂漠で見る日の出…
   赤く照らされた砂丘は、言葉の出ない美しさだった。


【5】 満天の星空 

   …ここで言う、満天の星空とは、
    日本の田舎町に行って空を眺め、星がたくさん出ていて綺麗、
    といったレベルのことではない。
    周囲数十キロ〜数百キロ、
    ほとんど街灯などの明かりが存在しない場所で
    かつ、晴天で、新月の時期の空を指す。
    この条件が整うと、それはもう、プラネタリウムどころじゃない、
    星が見えすぎて気持ち悪いほどの信じられない状態となる。
    ぜひ、一度はこの空を見てほしい…絶対に写真では残せない美しさ。
    地面に寝そべって、ただ空を眺め、
    無数に流れる星空を受け止める時の、あの感動は
    言葉では表現できない。

  
  1) モンゴル(ゴビ砂漠にて)
 
   …晴天、新月、流星群。
    最高の環境が整った中、
    草原にたたずむ岩場に寝そべって眺め続けた満天の星空。
    次々と流れ星が流れた。
    誰しも一度は見てほしい、本当に素晴らしい星空だった。

  2) ケニア(マサイマラ国立保護区にて)

  3) エジプト(バフレイヤオアシスの白砂漠にて)
 
  4) インド(ダージリンにて)
   
  5) ボリビア(ウユニ塩湖にて)


【6】 イグアスの滝
    ブラジル(フォス・ド・イグアス)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-277.html
  
  …ブラジル側からはイグアスの滝の全景が見られた。
   熱帯の自然の中に忽然と現れ、轟音を響かせて流れ落ちる壮大な風景。
   世界三大瀑布と言われる中でも、おそらく最高の滝。
   これほどまでに自然の力強さを感じさせられるものは、他に無い。
   一生に一度は必見。それぐらい素晴らしい。


【7】 エンジェルフォール
    ベネズエラ(ギアナ高地)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-354.html

  …世界一の落差(979m)を誇る滝。
   数年前、テレビ番組の放映でその存在を初めて知り、
   一生に一度は訪れたいと思っていた場所。
   滝を目の前にしてみると…
   あまりに高すぎて(切り立っているテーブルマウンテン自体が大きくて)
   その落差が実感できない。
   この滝は落差が大きいため、
   滝が途中で霧になってしまい、滝壺が無いのだが、
   実際見てみると、滝が水なのは落ち始めて100mぐらいまでで、
   それ以降は全て霧になっている。
   滝というよりも、ドライアイスの煙が落ちていっているかのよう。
   神秘的過ぎて、言葉も出ない。
   ちなみに滝の展望ポイントへ向かう手前の
   ジャングルのような湿地帯もすごい。
 

【8】 ソグネフィヨルド(グドヴァンゲン〜フローム間のフェリーから)
    ノルウェー(グドヴァンゲン〜フローム)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-179.html

  …波が無く、鏡のようになった水面に映るフィヨルドは、
   ただただ、美しく、本当に素晴らしかった。
   冬に行ったこともあり、岩山から流れ出る滝は全て凍っていて、
   自然の力の大きさに圧倒されてしまった。


【9】 ウユニ塩湖
    ボリビア(ウユニ)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-291.html
   
     …世界最大の塩湖。その風景は、あまりにも独特。
     どこまでも続く白い地面は、
     乾季に訪れると、雪原にも見えるような風景。
     夕日、そして朝日は、ほとんど障害物の無い平坦な地平線越しに見える。
     おまけに夜は満天の星空も見えるのだけれど…。
     雨季の水面が張って鏡のように見える風景を見ていないのでこの位置だが、
     もしそれを見れていたら、
     2位(オーロラの次)に位置するぐらいの自然風景だろう。   
     生きているうちにもう一度、雨季に訪れたい…。


【10】 カッパドキア
     トルコ(カッパドキア)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-211.html
 
   …2月だったので雪一面に埋もれてはいたが、
    独特の奇岩、そしてそこに穴が掘られ、住居跡も見られる。
    人間が作ったような、自然が作り出したような、
    それらが融合した、不思議かつ魅力的な風景。
    雪が無い時期に見たら、また全く違う風景に見えるのだろう。


【11】 ベルニナ急行の車窓風景
     スイス(サンモリッツ)〜イタリア(ティラノ)間

   …ヨーロッパでは、間違いなくNO.1の車窓風景。
    ユーレイルパスで3ヶ月間、 
    ヨーロッパを回りまくった僕が言うんだから間違いない(笑)
    スイスには、氷河急行という、もう一つ有名なコースもあるが、
    圧倒的に、このベルニナ急行のほうが素晴らしい。
    氷河(見た目は雪原)の中を突き進む列車風景は、言葉を失ってしまう美しさ。
    マルセイユの盗難事件で、ベルニナ急行の乗車時に撮影した
    カメラ、ビデオ共に失ってしまったことが、悔しすぎる…。
    ※これと同じように、スイスの山頂の展望台で有名な
      ユングフラウヨッホと、マッターホルン(ゴルナーグラート)とを比べると、
      マッターホルン(ゴルナーグラート)のほうが素晴らしいので、ご参考まで。


【12】 エアーズロック
     オーストラリア(エアーズロック)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-428.html

   …エアーズロック自体は、実際に見てみると思ったよりも小さく感じる。
    しかし、これが世界最大級の一枚岩だということが、その素晴らしさを物語る。
    そして何より、日の出と日没時の、
    真っ赤に燃えるような色に染まったエアーズロックを見たら、理屈なしに感動。
    そして僕は泣いた。その風景ではなく、その風景を眺めているおばあちゃんの姿に・・・(笑)


【13】 グランドキャニオン
     アメリカ(アリゾナ)

   …ラスベガスからセスナ機に乗ってグランドキャニオンへ。
    しかし、霧が出ていて、視界が全く開けない。
    オーマイガッ!泣く泣く返ろうとしたその時…、
    見る見ると霧が消えていき、そこに現れた壮大な景色。
    地球の力強さを肌で感じ、鳥肌が立った。本当にすごい。


【14】 白砂漠・黒砂漠
     エジプト(バフレイヤオアシス)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-110.html
    
   …特に白砂漠は、これは地球上の風景なのか?と思えるような、
    不思議な形の白い岩が無数に散らばっていて、
    その風景には、違和感すら感じた。
    いわゆる砂漠のイメージとは全く異なる、何とも興味深い砂漠だった。


【15】 トランツ・アルパイン号の車窓風景
   ニュージーランド(クライストチャーチ〜グレイマウス間)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-407.html

   …この区間は、世界6大車窓と呼ばれている。
     7月(冬)だったので、雪を被った幻想的な風景が広がっていた。
     この列車は、展望列車と呼ばれる、窓なしの列車が連結しているのだが
     強風を浴び、凍死しそうになりながら気合で写真を撮りまくったのは良い思い出(笑)
     7月15日の日記に写真を大量に掲載しているので、お楽しみあれ。


【16】 ロットネスト島
     オーストラリア(ロットネスト島)
    http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-434.html   

   …パース、またはフリーマントルから手軽に行ける距離にあるのに、
    それでいて、非常に美しく、かつ規模の小さめの海岸がいくつも存在しており
    島内の主要な交通手段は自転車という…まさに冒険好きにはたまらない島。
    僕の最後の旅を締めくくるうえで、本当にふさわしい場所だった。
    いつか住むのだったら、このような島に住みたい。
    天国のような島、僕にはそう思えた。


【17】 ガラパゴス諸島
     エクアドル(ガラパゴス諸島)
   http://worldjourney.10.dtiblog.com/blog-entry-370.html

   …イメージでは、植物・生物の楽園・・・だが、実際に行ってみると、
    もともと火山で出来た島ということもあり、陸地や植物は、
    赤茶けた岩場に、サボテンが生えている、といった感じで、特に珍しい感じではない。
    生物に関しても、ガラパゴス諸島特有の生き物はいるのだが、
    素人が見た目で驚くような生き物はごくわずか。
    玄人が行けば、その特有種に感動するのだろうが、素人だと違いがよく分からない・・・。
    そんなわけで、思ったよりも?という感じだった。でも、なかなか行けない場所なので、到達した時の達成感はある(笑)
    個人的には、人が立ち入ってしまうことにより、生態系を乱していること自体に
    疑問を感じたほうが印象として大きい。


【18】 パイネ国立公園(グレイ湖も含む)
     チリ(プンタ・アレーナス)

【19】 フランツ・ジョセフ氷河
     ニュージーランド(フランツ・ジョセフ)

【20】 モエラキ・ボルダー
     ニュージーランド(モエラキ)

【21】 マッターホルン
     スイス(ツェルマット)

【22】 ゴビ砂漠(砂丘)
     モンゴル(ゴビ)

【23】 紅海
     エジプト(ハルガダ)

【24】 モンゴル(延々と続く草原)
     モンゴル

【25】 ヒマラヤ山脈
     ネパール(ポカラ)

【26】 ティエラ・デル・フエゴ国立公園
     アルゼンチン(ウシュアイア)

【27】 オルガ岩群
     オーストラリア(エアーズロック)

【28】 ケープレインガ
     ニュージーランド(ノースランド)

【29】 ユングフラウヨッホ
     スイス(インターラーケン)

【30】 メテオラの奇岩群
     ギリシャ(メテオラ)

【31】 富良野(様々な花畑)
     日本(北海道)

【32】 ナイアガラの滝
     カナダ(ナイアガラ)

【33】 ラノ・カウ山の火口湖
     チリ(イースター島)

【34】 カナイマ湖
     ベネズエラ(カナイマ)

【35】 釧路湿原
     日本(北海道)

【36】 知床峠
     日本(北海道)

【37】 ウユニ塩湖ツアーで見た、緑や赤の湖(正確な名前がわからず…)
     ボリビア(ウユニ)

【38】 カントー、ヴェンロン等のメコン川流域
     ベトナム

【39】 奄美大島(マングローブ、海岸等)
     日本(鹿児島)

【40】 美ヶ原高原
     日本(長野)

【41】 摩周湖
     日本(北海道)

【42】 ガンジス川の日の出
     インド(バラナシ)

【43】 90マイルビーチ
     ニュージーランド(ノースランド)

【44】 ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド
     ニュージーランド(ロトルア)

【45】 ウロス島
     ペルー(プーノ)

【46】 シドニー近郊のナショナルパーク
     オーストラリア(シドニー)   

【47】 エルサポの滝
     ベネズエラ(カナイマ)

【48】 チチカカ湖
     ペルー(プーノ)

【49】 サロベツ原野
     日本(北海道)

【50】 イパネマの海岸
     ブラジル(リオ・デ・ジャネイロ)

【51】 ワイトモケーブ(ツチボタルが生息する洞窟)
     ニュージーランド(ワイトモ)

【52】 サバンナの風景
     ケニア(マサイマラ国立保護区)

【53】 ダイヤモンドヘッド
     アメリカ(ハワイ)

【54】 大島の三原山(火山跡)
     日本(東京)  

【55】 ニースの海岸、及び、ニース〜モナコ間の海岸
     フランス(ニース)

【63】 ロス・ロボス島、ロス・パハロス島、ゲーブル島(ビーグル水道クルーズツアーにて)
     アルゼンチン(ウシュアイア)

【54】 氷河特急の車窓風景
     スイス(ブリーク〜サンモリッツ間)

【55】 オートアトラス山脈
     モロッコ

【56】 襟裳岬
     日本(北海道)

【57】 ボンダイビーチ
     オーストラリア(シドニー)

【58】 松島
     日本(宮城)

【59】 羊山公園(芝桜)
     日本(埼玉)

【60】 ワナカ湖
     ニュージーランド(ワナカ)

【61】 富士五湖
     日本(山梨)

【62】 宗谷岬
     日本(北海道)

【63】 御宿の海岸
     日本(千葉)

【64】 白糸の滝
     日本(静岡)

【65】 層雲峡
     日本(北海道)

【66】 フカ・フォール
     ニュージーランド(タウポ)

【67】 阿寒湖
     日本(北海道)

【68】 大沼
     日本(北海道)

【69】 白浜の海岸
     日本(伊豆)

【70】 諏訪湖
     日本(長野)

【71】 華厳の滝
     日本(栃木)

【72】 昭和記念公園(桜、コスモス等)
     日本(東京)

【73】 琵琶湖
     日本(滋賀)

【73】 屈斜路湖
     日本(北海道)

【74】 伊豆高原
     日本(静岡)

【75】 アルヘンティーノ湖、ニメス湖
     アルゼンチン(エルカラファテ)

【76】 パタヤーの海岸
     タイ(パタヤー)

【77】 鳴門の渦潮
     日本(徳島)

【78】 リド島の海岸
     イタリア(ヴェネチア)

【79】 ポシートスの海岸
     ウルグアイ(モンテビデオ)

【80】 雨乞の滝
     日本(徳島)

【81】 羽衣の滝
    日本(北海道)

【ランキング更新】 世界!自然ランキング  1月20日〜5月10日までの分を追加

  1. 2008/05/11(日) 15:54:44 
  2. カテゴリー:☆世界!自然ランキング 
  3. コメント数:0
  4.  【コメントの閲覧・作成
これまで僕が見てきた自然風景・現象等について、
個人的にランキングを付けてみました。

このランキングの中に、
見たことのある自然がある人、
または、他にもお勧めの自然がある人は、
良かったらコメントで話を聞かせて下さい!


<ランキング(上から上位順)>

・オーロラ
   1) カナダ(イエローナイフ) 

   …マイナス40度近い極寒の中、
    今か今かと待ち続けた後に見れたオーロラ。
    それはまさに光のカーテン。地球上の自然現象とは思えない美しさ。
    イエローナイフには3日間滞在して、
    3日ともオーロラが見れるという幸運に恵まれた。
    絶対、もう一度オーロラを見るぞ!

   2) フィンランド(イナリ)

   …今回の世界一周旅で、オーロラ鑑賞に再チャレンジ。
     しかし、5晩トライして、オーロラが見られたのは、1晩のみ…。
     それでも、オーロラに再会出来たことは、感動的だった。
     やはり、自然現象の中で、オーロラは最高だ。


・ペレト・モレノ氷河
   アルゼンチン(エルカラファテ)

  …氷河が湖に流れ込んでおり、30分起きに崩落が起こる。
    全景が見渡せる展望台からの景色は壮観。クルーズからも迫力あり。
    それに加えて、氷河の上を歩くと、深い青をした水溜まりが…。
    極めつけは、氷河の底に空いた洞窟。真っ青な氷のトンネル。
    夢にまで見た風景の全てが、この氷河にはあった。


・サハラ砂漠(シェビ砂丘)
   モロッコ(メルズーガ)

  …延々と続く砂丘は、砂の山のように見える。
   まさに、砂漠のイメージ通り。
   砂丘の美しいライン、そして砂漠で見る日の出…
   赤く照らされた砂丘は、言葉の出ない美しさだった。


・満天の星空
   1) モンゴル(ゴビ砂漠にて)
   …晴天、新月、流星群。
    最高の環境が整った中、
    草原にたたずむ岩場に寝そべって眺め続けた満天の星空。
    次々と流れ星が流れた。
    誰しも一度は見てほしい、本当に素晴らしい星空だった。

   2) ケニア(マサイマラ国立保護区にて)

   3) エジプト(バフレイヤオアシスの白砂漠にて)
 
   4) インド(ダージリンにて)
   
   5) ボリビア(ウユニ塩湖にて)


・イグアスの滝
   ブラジル(フォス・ド・イグアス)
  
  …ブラジル側からはイグアスの滝の全景が見られた。
   熱帯の自然の中に忽然と現れ、轟音を響かせて流れ落ちる壮大な風景。
   世界三大瀑布と言われる中でも、おそらく最高の滝。
   これほどまでに自然の力強さを感じさせられるものは、他に無い。
   一生に一度は必見。それぐらい素晴らしい。


・ソグネフィヨルド(グドヴァンゲン〜フローム間のフェリーから)
   ノルウェー(グドヴァンゲン〜フローム)

  …波が無く、鏡のようになった水面に映るフィヨルドは、
   ただただ、美しく、本当に素晴らしかった。
   冬に行ったこともあり、岩山から流れ出る滝は全て凍っていて、
   自然の力の大きさに圧倒されてしまった。


・ウユニ塩湖
   ボリビア(ウユニ)
   …世界最大の塩湖。その風景は、あまりにも独特。
     どこまでも続く白い地面は、乾季に訪れると、雪原にも見えるような風景。
     夕日、そして朝日は、ほとんど障害物の無い平坦な地平線越しに見える。
     おまけに夜は満天の星空も見えるのだけれど…。
     雨季の水面が張って鏡のように見える風景を見ていないのでこの位置だが、
     もしそれを見れていたら、2位(オーロラの次)に位置するぐらいの自然風景だろう。   
     生きているうちにもう一度、雨季に訪れたい…。

・カッパドキア
   トルコ(カッパドキア)
 
   …2月だったので雪一面に埋もれてはいたが、
    独特の奇岩、そしてそこに穴が掘られ、住居跡も見られる。
    人間が作ったような、自然が作り出したような、
    それらが融合した、不思議かつ魅力的な風景。
    雪が無い時期に見たら、また全く違う風景に見えるのだろう。


・ベルニナ急行の車窓風景
   スイス(サンモリッツ)〜イタリア(ティラノ)間

   …ヨーロッパでは、間違いなくNO.1の車窓風景。
    ユーレイルパスで3ヶ月間、 
    ヨーロッパを回りまくった僕が言うんだから間違いない(笑)
    スイスには、氷河急行という、もう一つ有名なコースもあるが、
    圧倒的に、このベルニナ急行のほうが素晴らしい。
    氷河(見た目は雪原)の中を突き進む列車風景は、言葉を失ってしまう美しさ。
    マルセイユの盗難事件で、ベルニナ急行の乗車時に撮影した
    カメラ、ビデオ共に失ってしまったことが、悔しすぎる…。
    ※これと同じように、スイスの山頂の展望台で有名な
      ユングフラウヨッホと、マッターホルン(ゴルナーグラート)とを比べると、
      マッターホルン(ゴルナーグラート)のほうが素晴らしいので、ご参考まで。
 

・白砂漠・黒砂漠
   エジプト(バフレイヤオアシス)
    
   …特に白砂漠は、これは地球上の風景なのか?と思えるような、
    不思議な形の白い岩が無数に散らばっていて、
    その風景には、違和感すら感じた。
    いわゆる砂漠のイメージとは全く異なる、何とも興味深い砂漠だった。


・グランドキャニオン
   アメリカ(アリゾナ)

   …ラスベガスからセスナ機に乗ってグランドキャニオンへ。
    しかし、霧が出ていて、視界が全く開けない。
    オーマイガッ!泣く泣く返ろうとしたその時…、
    見る見ると霧が消えていき、そこに現れた壮大な景色。
    地球の力強さを肌で感じ、鳥肌が立った。本当にすごい。

・パイネ国立公園(グレイ湖も含む)
   チリ(プンタ・アレーナス)
・マッターホルン
   スイス(ツェルマット)

・ゴビ砂漠(砂丘)
   モンゴル(ゴビ)

・紅海
   エジプト(ハルガダ)

・モンゴル(延々と続く草原)
   モンゴル

・ヒマラヤ山脈
   ネパール(ポカラ)

・ティエラ・デル・フエゴ国立公園
   アルゼンチン(ウシュアイア)

・ユングフラウヨッホ
   スイス(インターラーケン)

・メテオラの奇岩群
   ギリシャ(メテオラ)

・富良野(様々な花畑)
   日本(北海道)

・ナイアガラの滝
   カナダ(ナイアガラ)

・ウユニ塩湖ツアーで見た、緑や赤の湖(正確な名前がわからず…)
   ボリビア(ウユニ)

・オートアトラス山脈
   モロッコ

・カントー、ヴェンロン等のメコン川流域
   ベトナム

・釧路湿原
   日本(北海道)

・知床峠
   日本(北海道)

・奄美大島(マングローブ、海岸等)
   日本(鹿児島)

・美ヶ原高原
   日本(長野)

・摩周湖
   日本(北海道)

・ウロス島
   ペルー(プーノ)

・チチカカ湖
   ペルー(プーノ)

・サロベツ原野
   日本(北海道)

・ガンジス川の日の出
   インド(バラナシ)

・イパネマの海岸
   ブラジル(リオ・デ・ジャネイロ)

・サバンナの風景
   ケニア(マサイマラ国立保護区)

・ダイヤモンドヘッド
   アメリカ(ハワイ)

・大島の三原山(火山跡)
   日本(東京)   

・ニースの海岸、及び、ニース〜モナコ間の海岸
   フランス(ニース)

・ロス・ロボス島、ロス・パハロス島、ゲーブル島(ビーグル水道クルーズツアーにて)
   アルゼンチン(ウシュアイア) 

・氷河特急の車窓風景
   スイス(ブリーク〜サンモリッツ間)

・襟裳岬
   日本(北海道)

・松島
   日本(宮城)

・羊山公園(芝桜)
   日本(埼玉)

・富士五湖
   日本(山梨)

・昭和記念公園(桜、コスモス等)
   日本(東京)

・宗谷岬
   日本(北海道)

・御宿の海岸
   日本(千葉)

・白糸の滝
   日本(静岡)

・層雲峡
   日本(北海道)

・阿寒湖
   日本(北海道)

・大沼
   日本(北海道)

・諏訪湖
   日本(長野)

・華厳の滝
   日本(栃木)

・琵琶湖
   日本(滋賀)

・屈斜路湖
   日本(北海道)

・伊豆高原
   日本(静岡)

・アルヘンティーノ湖、ニメス湖
   アルゼンチン(エルカラファテ)

・パタヤーの海岸
   タイ(パタヤー)

・鳴門の渦潮
   日本(徳島)

・リド島の海岸
   イタリア(ヴェネチア)

・ポシートスの海岸
   ウルグアイ(モンテビデオ)

・雨乞の滝
   日本(徳島)

・羽衣の滝
   日本(北海道)

【北欧の旅までを更新】 ☆世界!自然ランキング

  1. 2008/01/31(木) 21:14:32 
  2. カテゴリー:☆世界!自然ランキング 
  3. コメント数:6
  4.  【コメントの閲覧・作成
これまで僕が見てきた自然風景・現象等について、
個人的にランキングを付けてみました。

このランキングの中に、
見たことのある自然がある人、
または、他にもお勧めの自然がある人は、
良かったらコメントで話を聞かせて下さい!


<ランキング(上から上位順)>

・オーロラ
   ?カナダ(イエローナイフ) 

   …マイナス40度近い極寒の中、
    今か今かと待ち続けた後に見れたオーロラ。
    それはまさに光のカーテン。地球上の自然現象とは思えない美しさ。
    イエローナイフには3日間滞在して、
    3日ともオーロラが見れるという幸運に恵まれた。
    絶対、もう一度オーロラを見るぞ!

   ?フィンランド(イナリ)

   …今回の世界一周旅で、オーロラ鑑賞に再チャレンジ。
     しかし、5晩トライして、オーロラが見られたのは、1晩のみ…。
     それでも、オーロラに再会出来たことは、感動的だった。
     やはり、自然現象の中で、オーロラは最高だ。

・サハラ砂漠(シェビ砂丘)
   モロッコ(メルズーガ)

  …延々と続く砂丘は、砂の山のように見える。
   まさに、砂漠のイメージ通り。
   砂丘の美しいライン、そして砂漠で見る日の出…
   赤く照らされた砂丘は、言葉の出ない美しさだった。

・ソグネフィヨルド(グドヴァンゲン〜フローム間のフェリーから)
   ノルウェー(グドヴァンゲン〜フローム)

  …波が無く、鏡のようになった水面に映るフィヨルドは、
   ただただ、美しく、本当に素晴らしかった。
   冬に行ったこともあり、岩山から流れ出る滝は全て凍っていて、
   自然の力の大きさに圧倒されてしまった。

・満天の星空
   ?モンゴル(ゴビ砂漠にて)
   …晴天、新月、流星群。
    最高の環境が整った中、
    草原にたたずむ岩場に寝そべって眺め続けた満天の星空。
    次々と流れ星が流れた。
    誰しも一度は見てほしい、本当に素晴らしい星空だった。

   ?ケニア(マサイマラ国立保護区にて)

   ?エジプト(バフレイヤオアシスの白砂漠にて)
 
   ?インド(ダージリンにて)

・白砂漠・黒砂漠
   エジプト(バフレイヤオアシス)
    
   …特に白砂漠は、これは地球上の風景なのか?と思えるような、
    不思議な形の白い岩が無数に散らばっていて、
    その風景には、違和感すら感じた。
    いわゆる砂漠のイメージとは全く異なる、何とも興味深い砂漠だった。
 
・グランドキャニオン
   アメリカ(アリゾナ)

   …ラスベガスからセスナ機に乗ってグランドキャニオンへ。
    しかし、霧が出ていて、視界が全く開けない。
    オーマイガッ!泣く泣く返ろうとしたその時…、
    見る見ると霧が消えていき、そこに現れた壮大な景色。
    地球の力強さを肌で感じ、鳥肌が立った。本当にすごい。

・ゴビ砂漠(砂丘)
   モンゴル(ゴビ)

・紅海
   エジプト(ハルガダ)

・モンゴル(延々と続く草原)
   モンゴル

・ヒマラヤ山脈
   ネパール(ポカラ)

・ナイアガラの滝
   カナダ(ナイアガラ)

・富良野(様々な花畑)
   日本(北海道)

・オートアトラス山脈
   モロッコ

・カントー、ヴェンロン等のメコン川流域
   ベトナム

・釧路湿原
   日本(北海道)

・知床峠
   日本(北海道)

・奄美大島(マングローブ、海岸等)
   日本(鹿児島)

・美ヶ原高原
   日本(長野)

・摩周湖
   日本(北海道)

・サロベツ原野
   日本(北海道)

・ガンジス川の日の出
   インド(バラナシ)

・サバンナの風景
   ケニア(マサイマラ国立保護区)

・ダイヤモンドヘッド
   アメリカ(ハワイ)

・大島の三原山(火山跡)
   日本(東京)   

・襟裳岬
   日本(北海道)

・松島
   日本(宮城)

・羊山公園(芝桜)
   日本(埼玉)

・富士五湖
   日本(山梨)

・昭和記念公園(桜、コスモス等)
   日本(東京)

・宗谷岬
   日本(北海道)

・御宿の海岸
   日本(千葉)

・白糸の滝
   日本(静岡)

・層雲峡
   日本(北海道)

・阿寒湖
   日本(北海道)

・大沼
   日本(北海道)

・諏訪湖
   日本(長野)

・華厳の滝
   日本(栃木)

・琵琶湖
   日本(滋賀)

・屈斜路湖
   日本(北海道)

・伊豆高原
   日本(静岡)

・パタヤーの海岸
   タイ(パタヤー)

・鳴門の渦潮
   日本(徳島)

・雨乞の滝
   日本(徳島)


・羽衣の滝
   日本(北海道)

☆世界!自然ランキング

  1. 2007/09/20(木) 02:37:19 
  2. カテゴリー:☆世界!自然ランキング 
  3. コメント数:10
  4.  【コメントの閲覧・作成
これまで僕が見てきた自然風景・現象等について、
個人的にランキングを付けてみました。

このランキングの中に、
見たことのある自然がある人、
または、他にもお勧めの自然がある人は、
良かったらコメントで話を聞かせて下さい!


<ランキング(上から上位順)>

【1位〜3位】
・オーロラ
   カナダ(イエローナイフ) 

   …マイナス50度近い極寒の中、
    今か今かと待ち続けた後に見れたオーロラ。
    それはまさに光のカーテン。地球上の自然現象とは思えない美しさ。
    イエローナイフには3日間滞在して、
    3日ともオーロラが見れるという幸運に恵まれた。
    絶対、もう一度オーロラを見るぞ!

・モンゴル(満天の星空)
   モンゴル

   …晴天、新月、流星群。
    最高の環境が整った中、
    草原にたたずむ岩場に寝そべって眺め続けた満天の星空。
    次々と流れ星が流れた。
    誰しも一度は見てほしい、本当に素晴らしい星空だった。
 
・グランドキャニオン
   アメリカ(アリゾナ)

   …ラスベガスからセスナ機に乗ってグランドキャニオンへ。
    しかし、霧が出ていて、視界が全く開けない。
    オーマイガッ!泣く泣く返ろうとしたその時…、
    見る見ると霧が消えていき、そこに現れた壮大な景色。
    地球の力強さを肌で感じ、鳥肌が立った。本当にすごい。

【4位以下】
・ゴビ砂漠(砂丘)
   モンゴル(ゴビ)

・モンゴル(延々と続く草原)
   モンゴル

・ナイアガラの滝
   カナダ(ナイアガラ)

・富良野(様々な花畑)
   日本(北海道)

・カントー、ヴェンロン等のメコン川流域
   ベトナム

・釧路湿原
   日本(北海道)

・知床峠
   日本(北海道)

・奄美大島(マングローブ、海岸等)
   日本(鹿児島)

・美ヶ原高原
   日本(長野)

・摩周湖
   日本(北海道)

・サロベツ原野
   日本(北海道)

・ダイヤモンドヘッド
   アメリカ(ハワイ)

・大島の三原山(火山跡)
   日本(東京)   

・襟裳岬
   日本(北海道)

・松島
   日本(宮城)

・羊山公園(芝桜)
   日本(埼玉)

・富士五湖
   日本(山梨)

・昭和記念公園(桜、コスモス等)
   日本(東京)

・宗谷岬
   日本(北海道)

・御宿の海岸
   日本(千葉)

・白糸の滝
   日本(静岡)

・層雲峡
   日本(北海道)

・阿寒湖
   日本(北海道)

・大沼
   日本(北海道)

・諏訪湖
   日本(長野)

・華厳の滝
   日本(栃木)

・琵琶湖
   日本(滋賀)

・屈斜路湖
   日本(北海道)

・伊豆高原
   日本(静岡)

・鳴門の渦潮
   日本(徳島)

・雨乞の滝
   日本(徳島)

・羽衣の滝
   日本(北海道)

 | トップへ戻る |